Xcodeのプロジェクトの作り方と基本的な機能[SwiftでiOSアプリ開発]

Xcodeとは、iOSアプリの開発環境のこと。

Xcodeの基本的な使い方として、1番最初のプロジェクトの作り方について解説したいと思う!

では早速始めていこう!

大まかな手順は目次を参照してください。

[aside type=”warning”]注意

XcodeはMac専用のソフトです。Macを持っていない方はXcodeのインストールが出来ないため、ご注意ください。

[/aside]

 

1.Xcodeをインストールしよう

各自、App Store から「Xcode」をインストールしてください。

 

 

インストール方法については流石にできると思うので省略します。

 

2.Xcodeを起動して、プロジェクトを作成しよう

Xcodeをクリックして開いてもらうと、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

 

2番目の「Creat a new Xcode project」をクリックして、プロジェクトを作成しましょう。

(このプロジェクトの中には、アプリの画面設計や画像ファイル、プログラムが入っています。この1つのプロジェクトで1つのアプリを開発します。)

 

 

クリックすると、以下のような画面が表示されます。

 

 

[Choose a template for your new project:]ダイアログが表示されます。

これはプロジェクトのテンプレートを選ぶ画面です。

画面左上部の「iOS」を選択し、「Single View Application」を選択し、Nextを選択しましょう。

(Single View Applicationというテンプレートは、最初に1枚の画面だけが表示されている最もシンプルな構造のテンプレートです。今回はこのテンプレートで解説します。)

 

3.プロジェクトの情報を入力しよう

テンプレートを選んでもらうと、以下のような画面に移ります。

 

(入力済み)

この画面ではプロジェクトの情報を設定します。設定する情報についてそれぞれ上から説明します。

 

[aside type=”boader”]説明

1.Project Name(製品名)

プロジェクトの名前です。自分の好きな名前を入力しましょう。ここでは「MyFirstSwiftApp」とします。

 

2.Team(チーム)

Xcodeに登録済みの「Apple ID」を入力します。

(実機転送する場合に用いますので、今は設定しなくても大丈夫です。)

 

3.Organization Name(組織名)

会社名・組織名を入力します。ここでは「BiginnersApp」としています。

 

4.Organization Identifier(組織識別名)

この項目はその下にある「Bundle Identifier」の設定に関わります。この「Bundle Identifier」は世界中のアプリのなかで唯一無二(ユニーク)にする必要があります。おそらく3番目の項目「Organization Name」で設定した名前が自動で入力されていると思います。

 

5.Bundle Identifier

この項目は入力することができません。1番目の項目「Project Name」と4番目の項目「Organization Identifier」で入力されたものが組み合わされて自動的に入力されます。

 

6.Language(プログラミング言語)

アプリ開発する際のプログラミング言語を設定します。「Swift」と「Objective-C」の2択です。

ここでは「Swift」を選択しましょう。

 

7.Use Core Date・Include Unit Tests・Include UI Tests

この項目は全て外してください

(高度な開発で必要になるデータベースやテストコードの指定項目です。)

[/aside]

 

全ての項目の設定が完了すると、プロジェクトの保存場所を聞かれると思うので適当な場所に保存してください。(デクストップへ保存すれば間違えなし。)

 

保存できたらプロジェクトが作成され、Xcodeプロジェクト画面が表示されます。

この画面でアプリの画面を開発したり、プログラムを書いたりします。

 

 

 

4.Xcodeプロジェクト画面の各ナビゲーションを理解しよう

では各エリアについて説明したいと思います。

1.「Toolbar」ツールバー

 

 

左側のボタンは予想がつくと思うので、

説明があまりない右側の方を左から順に説明します。

 

[aside type=”boader”]説明

「Standard editor」(線が5本引かれているボタン)

選択したファイル内容が表示されます。

 

「Assistant editor」(リングが2つ重なっているボタン)

これを選択すると画面が2つに分割されます。

編集中のファイルの画面の出力結果が表示されます。

 

「Version editor」(矢印が書かれたボタン)

選択しているファイルが修正されている場合に、その差分を表示します。

これはプロジェクトがバージョン管理の対象になっている場合に利用します。

 

・「Workspace configurationボタン」(右端の3つのボタン)

右から「Navigator area」・「Debug area」・「Utilities area」のそれぞれを表示・非表示に切り替えます。

[/aside]

 

2.Navigator area(ナビゲータエリア)

(長くて申し訳ない!)

このナビゲータエリアでは、この3つ「Navigator bar」(ナビゲータバー)・「Content area」(コンテントエリア)・「Filter bar」(フィルターバー)で構成されている。

 

ナビゲータバーは上のバーのことで、ファイルをの一覧を表示したり、検索、エラーをなどを表示したりできます。

コンテントエリアは真ん中のところで、ファイルの中身です。

フィルターバーは一番下のバーで、コンテントエリアに表示されるファイルを絞り込みます。つまり検索ですね。

 

3.Editor area(エディタエリア)

コードを記述するところです。このエリアを編集します。

色々ファイルを見てみましょう。

 

<ViewController.swift>

 

<AppDelegate.swift>

 

このように選択したファイルで画面が切り替わります。

 

4.「Utilities area」(ユーティリティエリア)

このエリアは主に「Storyboard」(ストーリーボード)に関する設定を行います。

ストーリーボードでは、アプリのレイアウトや画面転移を視覚的に作成できます。ボタンやテキストなどをドラッグしたりドロップしたりでき、画面転移を簡単に設定できます。

 

 

まとめ

以上がプロジェクトの作り方と基本的な機能の説明でした。このXcodeは見て分かるように、全て英語表記です。それはこのXcodeのバージョンアップが早く、英語表記のまま使える方が早く対応できるためだとか・・・

なので最初は戸惑うことが多くあると思います。普段から英語表記に慣れる必要があるかもしれません。