パワースポットというと、「そこに行けば元気が出る!」や「運気が上がる!」といった御利益があるそうで。

しかし本当にこのような現象があるかどうかよくわからないですよね。

「そもそも運気ってなんぞや?」

「元気が出る?どのくらい?」

科学的知見を有する人なら、誰しもこういった疑問にぶち当ります。

 

では、

「本当にパワースポットに行けば御利益貰えんの?」

という疑問に対して、

 

結論:実はあります!

 

パワースポットに共通する点は”自然”

パワースポットに共通する点といえば「自然」です。

[box class=”green_box” title=””]

・神秘的な風景

・静かな空間に一粒の雫

・幻想的な雰囲気

[/box]

パワースポットは上記のようなロマン溢れる空間を提供してくれます。

このような空間の空気を吸えば、大自然からエネルギーを得、みるみるやる気元気運気がアップ!

こう感じるのも納得です。

自然溢れる空間にいれば元気が湧いてくるもの

胡散臭く感じるかもしれませんが、科学的にこれは正しいです。

クイーンズランド大学の研究では、自然との接触時間とうつ病や高血圧の発症率の関係を調べました。

結果、

[aside type=”boader”]

・うつ病の場合、週1回30分自然の中にいると発症リスクが37%も低下。

・高血圧の場合、週1回30分を越えると発症リスクがみるみる減少。

[/aside]

といった効能を得られています。

 

つまり、自然との接触時間が多ければ多いほど心と体が改善される!

ということですな。

パワースポットはバカにできないくらいの効果を持っているということですぞ。

老父が行きがちなのは、もしかしたら無意識にこの効能を得られていると感じているからかもしれませんね。

僕ら現代人には”自然”と触れ合うことが何より大事

あなたが会社員だとして、もしオフィスに観葉植物が置けるのであれば、是非置いておきましょう!

因みにこれ、NASAも推奨しています。

観葉植物でも”自然”の中にいるような気分を味わえる

ノルウェー大学の研究では、オフィスのデスクに観葉植物を置いた時の従業員のストレスや生産性を測りました。

結果、

[aside type=”boader”]

・主観的なストレスは低くなった

・病気の発症率が低くなった

・仕事の生産性が高くなった

[/aside]

という効果を得られました。

つまり、オフィスに観葉植物を置くだけで心と体が改善されたということです。

 

これ、自然にいる時と同様の効果が得られているんですよね。

”自然”で幸福度もアップする

同様にオフィスワーカーのデスクに観葉植物を置いた実験では、

[aside type=”boader”]

・幸福度が47%アップ!

・作業効率38%アップ!

[/aside]

という驚異の数値を叩き出しています。

この幸福度というのが、おそらく「運気」を指しているのでしょう。

自然の力は現代人にとってはバカになりませんな。

パワースポット巡りは科学的に正しい精神療法でもある

見てきた通り、パワースポット(というより自然)が僕らに圧倒的リラックス効果を与えてくれることがわかりましたね。

NASAも推奨しているのも納得です。

パワースポット巡りは精神衛生上とても健康的な活動であり、我々の心と体をみるみる改善してくれます。

ただし、パワースポットの条件は「自然」があること。

まぁほとんどがこの条件を満たしているとは思いますが、あくまで「自然」が持つ効能でもあるため、自然は欠かせません。

 

ということで、パワースポットは科学的に効果ありますよーというお話でした。

以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です