お酒を飲むと可愛く見えるビアゴーグル効果って本当にあるの?

ビアゴーグル (beer goggles) 効果とは、異性とお酒を飲むと、相手が普段より可愛く(もしくはカッコよく)見える現象です。

 

「ビア」=「Beer(ビール)」,

「ゴーグル」=「Goggle(ゴーグル, 色メガネ)」

からビアゴーグル効果と名付けられました。

 

この現象の発端は2003年に行われた研究(1)で、アルコールの摂取が魅力を増大させてくれるというものでした。

ただ、もう15年くらい前の研究なので、現在では正しいとされているのでしょうか?

 

ということで、

結論から言うと、

 

かなり効果ある!

 

では、その効果の大きさと信憑性を詳しくみていくとしよう!

 

お酒を飲むと43%も魅力が上がるよ!

ボンド大学の研究(2)で、血中のアルコール濃度順(シラフ・ほろ酔い・ベロベロの3段階)に被験者を分けて、彼らに異性の写真を見せて10点満点で評価をさせました。

結果、

ほろ酔い>ベロベロ>シラフ

の順で、異性を高く評価しました。

 

加えて、シラフとほろ酔いの魅力度の差なんと43%でした。

 

かなり高い数値ですね。

さらに、性差に差はないようでしたので、男女ともにビアゴーグル効果はみられるようです。

 

ポイントとすれば、ほろ酔いがベストであるという点ですね。

酔っ払うと魅力度はシラフよりは良いですが、相手のどす黒い人間性も垣間見えそうですし、頰が少し赤くなるほろ酔いくらいが良いでしょうね。

(アニメでも頰の赤くなった子は可愛いですしね)

 

ビアゴーグル効果の信憑性はあるのか?

「ある!」と言っても良いでしょう。

ハーバード大学メディカルスクール(医科大学院)のRalph Ryback氏が、ビアゴーグル効果について論じてました(3)

発見された2003年以降様々な追試研究が行われたようですが、どれもビアゴーグル効果がみられたようです。

 

Ralph氏によると、

アルコールは私たちをロマンティックな気分にしてくれ、また相手を魅力的に見せてくれる。

ビアゴーグル効果は迷信ではなく、実在する心理現象である。

 

多くの追試研究でみられた現象なので、信憑性はあるようです。

それに約40%も魅力度をアップしてくれますからね〜。

お酒の力は偉大です。

 

「飲みに行こう」と誘うのは科学的に王道であるようです。

見てきたように、お酒が私たちの魅力を上げてくれるのは間違い無いです。

そして、お酒の席は自分を魅力的に見せるチャンスでもあります。

「飲みに行こう!」という誘いはお互いの魅力をアップし、恋愛の発展に大きく貢献してくれる。

ゆえに、飲みの誘いは科学的に王道と言えます!

 

無論、羽目を外しすぎると後悔するかもしれませんし、ベロベロになると魅力度は下がってしまいますので、

ほろ酔い程度にしましょうね。

 

ということで以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です