To Doリストは昔からあるタスクを順序よく終わらせるためのメソッドのひとつですね。

しかし、心理学的にこのTo Doリストが「実際どのくらいの効力があるのか?」ということを調べた結果、

実は効力がある以前に、むしろ非効率化を促しているのではないかというヤバい罠がありました。

To Doリストに書き込んだ項目のうち41%が実行されていない!

 

アメリカでTo Doリストのサービスを行なっている所で調査した結果、

なんと書き込んだ項目のうち41%が実行されていないことがわかりました。

イメージしやすく言うと、

 

個人差を考慮して2個〜3個の項目のうち1個は実行されないということです。

 

この数値はなかなかに大きいものかと思われます。

3つに1つ、いや人によっては2つに1つは実行されない。

 

う〜ん、考えものですな。

【本題】To Doリストを使うと起こる3つのヤバいこと

さて、To Doリストのボロが出たところで本題と参りましょう。

To Doリストは私たちのタスクを効率よくこなすためのメソッドとして不適切かもしれない。

では、なぜTo Doリストは効率よくタスクをこなさせてくれないのか?

To Doリストの持つヤバいこと(デメリット)を暴き、その原因を見ていきましょう。

ヤバいこと①→すべての項目の優先度が同じである

一つ目のデメリットは、すべての項目の優先度が同じであるという点です

To Doリストに書き込まれているのは、例えば「部屋の掃除をする」、「英語の勉強をする」、「筋トレをする」などがあるとしましょう。

しかし書き込んであるだけで、どれが優先的に実行されるべきかは決まってはいません。

そのため、私たちは心理的に「簡単ですぐに終わるもの」から取り掛かってしまいます。

 

項目が1つ減っていくごとに私たちは当然達成感を覚えます。

達成感を覚えると、そのやりきった感からやる気が減退してしまいます

 

達成したことは実はそこまで優先度も高くなく、そして簡単なタスクだったりするため、そんなことで達成感を感じているとしたら、はたから見たらなんとも滑稽なことですな。

ヤバいこと②→そもそもTo Doリストを書き込んだことに達成感を感じてしまう

二つ目のデメリットは、そもそもTo Doリストを書き込んだことに達成感を感じてしまうという点です。

この現象は頻繁に起こっており、計画を立てる時によく起こりますね。

皆さんも経験があるかと思います。

心理的に、計画を達成した後の自分を想像することで、その未来の自分に達成感をおぼえてしまうのです。

ヤバいこと③→日常的なことまでTo Doリストに加えてしまっている

三つ目のデメリットは、日常的なことまでTo Doリストに加えてしまっているという点です。

この点については該当していない方もいるかと思いますが、意外と多くの人が日常的なタスクまで書き込んでしまっているようです。

 

例えば「部屋の掃除をする」、「買い物をする」、「洗濯をする」など。

日常的なことをまでTo Doリストに書き込むと何が起こるのかというと、

先ほどのヤバいこと①「すべての項目の優先度が同じである」という点から、

日常的なことが優先的に行われてしまうということです。

 

結果、日常的なタスクをこなしただけで達成感を覚えてしまい、本当にすべき重要なタスクが実行されないままになってしまいます。

To Doリストをうまく活用するために「今すぐ」すべきこと

To Doリストのヤバい点は以上で述べたとおりです。

このヤバい点を克服するために「今すぐ」すべきことは以下の2つ

[box class=”blue_box” title=””]

1. 具体的に「いつ」「どこで」行うかも書き込む!

2. 本当にやるべきタスクのみを書き込む!

[/box]

具体的に「いつ」「どこで」行うかも書き込むことで、優先度も自ずと決まるはずです。

もしあなたが重要だと感じているタスクほど、できるだけ早めにとるはずです。

 

「どこで」という場所を書き込む理由は、プロセスビジュアライゼーションと呼ばれる現象で、

行動のプロセスまで書き込むことで、タスクの実行率が高くなるというメリットがあります。

なので、「どこで」という場所の情報も加えることでよりタスクを実行しやすくしましょう。

 

そして本当にやるべきタスクのみを書き込むようにすれば、簡単に終わらせることのできるようなタスクをこなすだけで満足してしまうといったケースは防ぐことができます。

 

もはやここまでいくとただの計画表な気もしますが。。。

まとめ

要点を軽くまとめておきますね。

[box class=”red_box” title=”To Doリストを使うと起こるヤバいこと3つ”]

①すべての項目の優先度が同じである

②そもそもTo Doリストを書き込んだことに達成感を感じてしまう

③日常的なことまでTo Doリストに加えてしまっている

[/box]

[box class=”blue_box” title=”To Doリストをうまく活用するためにすべき2つのこと”]

1. 具体的に「いつ」「どこで」行うかも書き込む!

2. 本当にやるべきタスクのみを書き込む!

[/box]

 

To Doリストには意外と誰もが陥りやすい罠があります。

使う際には上記の点を踏まえてうまく活用しましょう!

では以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です