目標達成のために、僕らのほとんどは「やる気」という障壁にぶち当たりますよね。できるできないを問わず、やる気が無ければ何も始まりません。

ではどうすればやる気を出せるようになるのか?

ニューヨーク大学の心理学者Gabriele Oettingen氏は、やる気を出し目標達成へ導くツールとして「WOOP」を作りました。

因みに以下の本2冊と、Youtubeの動画(1)の方を参考にしました。

[amazonjs asin=”4062194732″ locale=”JP” title=”成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則”]

[amazonjs asin=”4864105758″ locale=”JP” title=”残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する”]

まずWOOPとは?

WOOPとは、

[box class=”blue_box” title=”WOOP”]

Wish(願望)

Outcome(成果)

Obstacle(障害)

Plan(計画)

[/box]

の頭文字を取った用語で、正式の名称は「心理対比」と言います。

これ、誰でもすぐできるめっちゃ簡単なツールでして、

[aside type=”boader”]

①Wish→願いや夢をイメージ

②Outcome→願いに関して臨む成果を具体的にイメージ

③Obstacle→目標達成までの具体的な障害をイメージ

④Plan→障害に対する具体策を練る

[/aside]

これだけです。

例えば、

[aside type=”boader”]

Wish「プログラミングができて職場でバリバリのエンジニアになって活躍したい!」

Outcome「画期的なSNSアプリを作る!」

Obstacle「プログラミングの勉強・勉強できる時間, etc.」

Plan「毎日3時間をプログラミングの勉強に当てよう」

[/aside]

こんな具合ですね。

すっごく当たり前のようにも感じますが、当たり前であるくらい重要な考え方なんですよね。

WOOPで得られる効果

WOOPで得られる効果は以下の3つ。

[aside type=”boader”]

・やる気を起きる

・目標の実現可能性を測れる

・現時点の状況を正確に把握できる

[/aside]

1. やる気が起きる

やる気が起きるのは、今自分がやらなければならない事とそのタスク量を把握できるので、目標達成に近づく事ができるからです。ヒトは先の見えないもの(i.e. 未知)に対して抵抗があります。これにより少し抑うつ気味でネガティブな感情を呼び起こし、やる気が削がれてしまうのです。

目標とそのためにやる事さえ明確にしていれば、これから自分が何をやれば良いかがわかるので、やる気が起きやすくなります。

もしこれでもやる気が出ないのであれば、きっと別の要因(e.g. 家のように誘惑が多い、気が散るものが視界に入ってきて集中できない, etc.)があると思いますので、そこを統制しましょう。

2. 目標の実現可能性を測れる

目標の実現可能性を測れるというのは、具体的にはWOOPのObstacle(障害)で測る事ができます。

例えば、

[aside type=”boader”]

Wish「今30過ぎだけど医者になりたい!」

Outcome「消化器内科医になって、個人医院の医院長になりたい!」

Obstacle「医学部編入・編入するための勉強・6年間勉強に加えて研修などで経験も積み立てる・生活費も稼ぎながら勉強する」

Plan「週5で働いて仕事の日は帰るのが20時だから〜」「試験勉強に1年〜2年かな〜、その後も6年勉強してどこかで積み立てしないといけないから、その頃には年はいくつだ??」

[/aside]

こんな具合に、Obstacleが非常に困難である場合、現実性が欠けており実現可能性が低いものとなります。

Obstacleが容易にコントロールできるものであれば、実現可能性は高くなりますが、コントロールが難しい場合、実現可能性は低くなります。

3. 現時点の状況を正確に把握できる

WOOPで考えた時の副産物なのですが、自分の現在の状況というのが客観的にみることになります。

ObstacleとPlanの段階で、

・現時点で自分が持っているもの

・自分が持っていないもの

・自分に足りない要素

をあぶり出す事ができ、正確なプランニングが可能となります。

自分を客観視して、状況を把握する事ができるという副産物があるだけでも目標達成においては大きな進歩でもありますし、

このような点でもWOOPは非常に優れたツールでしょう。

WOOPは何にでも応用可能!

WOOPはどんな状況でも応用可能です。それも低レベルなことまで。

今夜の夕食を何にするかも(理論的に過ぎますが)WOOPでわかります。

あなたが達成したい願望に対し、どのような手段を用いれば良いのかを明確にできるので、皆さんも是非お試しあれ。

以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です